犬のてんかんについて

人間に起こりうるてんかんという病気は犬にかかることがあります。
愛犬にそんな病気がかかっているとはと心配になります。
平衡感覚の異常が起こってしまったと疑っても実はてんかん発作を起こしていることがあります。
犬の場合は人間と同じように脳の神経で興奮が起こり体のコントロールがつかなくなります。
症状としては唸り声をして様子がおかしくなり、けいれんを起こし四肢の硬直や口から泡を吹いて失禁をします。
そのてんかん発作を起こした様子を確かめることができる動画がネットで見ることができます。
特発性の場合は原因がよくわからない形で発作性障害があり、秒単位のわずかな時間で自然に治るケースが多いようです。
しかし、原因の一つは遺伝性と言われており犬種に問わずすべての犬種がかる可能性があります。
犬が発作で苦しんでいる時は心配で犬を早く落ち着かせるために押さえつけるのは得策ではなく薬物療法があり、発作を減らす薬として人間の場合と同じくラミクタールがあります。
それまでのてんかんに対する薬より効果が期待される薬がラミクタールです。
ラミクタールはそれまでの薬物療法に効果の出なかった部分に作用することができます。
また、てんかん発作にかかる原因には他の内臓の疾病が原因が起こることがあります。
てんかん発作は脳内神経の興奮のため脳の栄養となる糖分が必要となります。
犬にはてんかん発作と似ている突然意識を失う全身の脱力が見られる症状があることが動画で区別をされるといいでしょう。
観察眼を養ってる方がよく、あらかじめ動画で各症状を知っておいた方が気付きやすく効果的に対処できます。
他にけいれんや震える症状が存在しています。
しかし、てんかん発作自体はいまだに効果的な予防策がなく医学会で発見が急がれている病気の一つです。