てんかん発作を起こした人への対処

発作には様々な種類が存在しますが、その発作の中でも全身の痙攣や意識障害などの発作が起きる場合にはてんかん発作が疑われます。このてんかん発作とは生まれつき脳の一部に異常があったり事故によって脳に損傷を受けてしまった場合に発症する発作で、その原因として体のすべての組織が動くには脳が発する電気信号が必要になりますが脳の欠損によって電気信号に乱れが生じてしまうことで突然機能を果たさなくなることで発作になるのです。そこでてんかん発作の特徴としては一時的に痙攣や意識障害を起こしますが数分後には何事もなかったかのように治まるので、その治まるまでの間において適切な処置を行う必要があります。その対処法としては患者から危険なところを避ける周囲の安全の確保を行い、そして服の襟元やベルトを緩めてメガネやコンタクトレンズなどで本人がケガをしないように気を配ります。その後患者には必ずラミクタールといった発作を押せる薬があり、このラミクタールの効果は脳の過剰な信号を抑えることによって重度な状態になる効果を持ちます。その薬を痙攣や意識障害から戻った段階で体の自由が利いていると判断した段階で、このラミクタールを服用させることで安全に効果を発揮させて発作を押さえ込みます。そして重度の場合にはラミクタールといった薬があっても飲ませるのではなく、この周囲の安全確認をした後に送球に医療機関に連絡することが望ましいといえます。しかし突然てんかん発作を起こした人が目の前に現れてしまうとそういった適切な行動を起こすことが難しいため、そのときにはスマートフォンなどの携帯端末から対処するための動画サイトを見ることです。この動画には実際に経験し対処した人の姿や医者の意見が述べられているので、この動画を見ながら対処することによって安全に適切な対処が出来ます。