外出先でてんかん発作が起こる可能性

てんかんは、脳の病気のひとつです。てんかんの大きな特徴として発作を繰り返し起こすという点が挙げられます。てんかん発作の症状は、異常な興奮をする脳の部位と関連性がありさまざまなタイプがあるのです。てんかん発作は、脳の神経細胞がショートしたような状態であり外出先で意識を失う可能性も高いといえるのです。人によって症状はそれぞれ異なり、数秒でおさまることもあれば、数分以上長く痙攣などが続くこともあります。しかし、適切な治療を行うことで改善できます。
このようなてんかん発作には、適切で迅速かつ効果的な治療が求められています。ほとんどのてんかんでは、抗てんかん薬による薬物療法が行われています。ラミクタールはてんかん発作を予防する医薬品で躁うつ病の維持療法にも広く使用されています。ラミクタールの特徴としては、部分発作をはじめ、さまざまなタイプのてんかんに高い効果を発揮します。半減期が約31時間から38時間と長く、別の抗てんかん薬のデパケンとの併用で約2倍に延長しますので、大きな利点と言えます。
さらに、ラミクタールは、非常に便利な口腔内崩壊錠ですので、水がなくても飲めますし、水で溶かしてから飲むことも可能なのです。ラミクタールの副作用のリスクとしては皮膚障害が挙げられます。発疹や口内炎などの皮膚や粘膜の異常には十分な注意が必要です。この医薬品のメーカーなどは、重い副作用の危険性について動画で注意喚起を行うことを目的として、ラミクタールについての正しい知識や注意点、症状などの情報を載せた動画などをインターネットサイトに掲載するなど、さまざまな努力を重ねているのです。より安全に服用できるよう動画などによるメッセージを用いて最大限の注意を払っているのです。このように、てんかん発作を予防するために高い効果を発揮しているラミクタールは、多くの医療機関で採用され、絶大な評価を受けているのです。

●突然の発作のために抗てんかん薬を常備しておこう
ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です
てんかん治療薬